新陳代謝アップで痩せる体質に > 食事を変える

食事を変える

脂肪燃焼を行う方法は何も運動だけではありません。
食事も重要な要素になります。
中には食事を変えるだけで痩せると豪語する人もいますし、そういう話はネットでも山のように出てきます。

それらの話が嘘か本当なのかは取り敢えず置いておくとして、脂肪燃焼の効果のある食事が存在することは事実です。
脂肪燃焼をさせるのは運動以外にも普段摂取している栄養素が大きく関係しているため、まず食事を見直すというのは間違いなく正しい考えであると言わざるを得ません。

それでは脂肪を燃焼させてくれる効果のある食材に目を通していきましょう。

とうがらし。
皆さんご存知のとうがらし。
口に入れると体感できるほどに体が熱くなってきます。
これはとうがらしに含まれているカプサイシンの効果で代謝を上げているのです。
しかしながらカプサイシンは血糖値を下げる効果もあります。
あの熱さの中では血糖値も上がっているような気もしますが、決してそんなことはありません。

しょうが。
日本では薬としても使用されているしょうが。
外国ではジンジャーエールなどのジュースとして扱われることが多いのですが、この国では風邪や熱のときの特効薬、果ては料理のスパイスなどにも活躍します。
しょうがにはジンゲロンという成分が含まれています。
このジンゲロンは体脂肪の燃焼を促進してくれるので、体がぽかぽかしてきます。

チョコレート。
太るものというイメージが強いかもしれませんがそんなことはありません。
中に入っている成分にもよりますがクーベルチュールは痩せる効果があります。
これは中にカテキンが入っているからで、抗酸化剤の作用によって細胞のエネルギー発生率が高まり脂肪燃焼率も同時に向上します。

グレープフルーツ。
さわやかでほどよい苦味のあるグレープフルーツは脂肪を燃焼させる効果も秘めたダイエットをしている人の味方。
血糖値を保つことで有名ですが、それだけでなくカロリーを燃焼させる効果もあるので、脂肪燃焼にも繋がります。