新陳代謝アップで痩せる体質に > 基礎代謝を上げる

基礎代謝を上げる

筋肉がついている人は体が引き締まっていてとってもかっこよく見えます。
プロレスラーやお相撲さんのように筋肉の上に脂肪という鎧を着るスタイルもありますが、ボクサーや水泳選手のような余計な脂肪がついていない姿は我々にとってとても理想的と言えるかもしれません。

脂肪燃焼を行う方法は山のように存在します。
代表的なのはジョギングやウォーキングなどの有酸素運動ですが、これは疲れるから嫌いだと言う人も多いかもしれません。
体育の授業で行われる長距離マラソンが苦手な人が多数いるように、ジョギングが苦手な人は多いと思います。
けれどもなんとか脂肪燃焼を行いたいという人は筋肉トレーニングを行うといいかもしれません。

筋肉トレーニングをすると筋肉が付きます。
これによって基礎代謝が上がるので何もしなくても脂肪が燃焼されていきます。
要するに、夜寝ているときや座っているときなど、何もしていない時の消費カロリーが多くなるということです。

筋肉トレーニングが好きな人は多いと思いますし、嫌いな人でもジョギングよりは筋肉トレーニングの方がマシだと考える人は少なくないのではないでしょうか。

お勧めのトレーニングは腹筋。
これなら道具が無くても出来ます。
けれども一言で腹筋と言っても種類はいくつかありますので紹介しましょう。

椅子を用意して、自分は床に仰向けになって寝ころびます。
膝を天井の方に掲げ、ふくらはぎを用意した椅子に乗せます。
この状態で腹筋をすると胸側の腹の筋肉がつきます。
通常の腹筋よりも少々辛いですが効果は抜群。
ここの筋肉がつくことによって、新陳代謝が上がり、普段の脂肪燃焼率が高まります。

次に下腹部に効果のある腹筋を紹介します。
ここの部分は男女とも、非常に脂肪が付きやすいのでものすごくおすすめです。
仰向けに寝ころがります。
そして、腿からつま先までを伸ばしてその状態でかかとを斜め四十五度まで上げてから下します。
出来る限りゆっくりとやって下さい。
これで下腹部の脂肪が燃焼されやすくなります。